自己紹介

自分の写真

田舎でまったり暮らす主婦「さっこ」です。6人家族の紅一点。更新はマイペースです。ちょっとしたつぶやきはSakko Memoで毎日更新してますのでそちらもご覧ください。

新着記事

カテゴリ

ハッシュタグ

複合検索

  • カテゴリ
  • #タグ
  • 投稿年月

Sakko Blog

まとまった文章を書きたくなったときに書いてます。感想はプロフィールページにある一言メッセージフォームからお願いします。

カテゴリ「感想」に属する投稿[5件]

三浦しをん「エレジーは流れない」

最近、ラノベばかり読んでるのでたまには普通の(?)小説を読もうと思ったときに目に入ったのが、三浦しをんの「エレジーは流れない」でした。3年ぶりの新作小説らしいけど、そもそも私は三浦しをんの小説を今まで読んだことがないのでした。

とある寂れた温泉街に住む男子高校生の話なんだけど、とにかく彼らの会話がやたらリアル。私も現役男子高校生の母だし過去にも母だったわけだけど、めちゃくちゃヘドバンしながら読んでしまった。男子高校生のあるあるが詰まりすぎています。

また、主人公の家庭環境がちょっといわくつきだったりするんですが、そこもリアルだったりする。両親が揃っていて家族の仲が良くてお金の心配もしなくていい家庭のほうが実際は少数派なんですよね。息子達の周囲にも親が離婚して父親と二人暮らしの子、養父母に育てられて実の親の顔も知らない子、兄弟の出来が良すぎて成績はそんなに悪くないのに親から認められない子、シングル家庭なのに母親が男にうつつを抜かして父方の祖父母に育てられたような子…などなど、挙げだしたらきりがないぐらいサザエさん的家庭像とかけ離れた家庭環境の子がいっぱいいます。

でも彼らが悲観してるかというとそうでもない。そりゃあ悩むこともあるだろうけど基本友達とバカばっかりやってます。この小説もアホかと思うようなエピソード満載ですが、やたらリアリティがあって笑うより「うちの子にもこんなエピソードありそう」なんて思ってしまう。そしてやっぱりこの年頃の子達にとって、一番自分をわかってもらえるのは親より友達なんだろうなと思います。日常生活において親以上に関わりが強いもんね。

ちょっぴりミステリーじみた主人公の出生の秘密とか冒険みたいな騒動とか、多少起伏はあるものの、彼らの日常はゆるゆると続いていく。そこもまたリアリティがあって良い。生ぬるすぎて合わない人もあるだろうけど、ドラマチックな人生のほうが稀なんだから仕方ない。そういう分野の小説はいくらでもあるので、単に小説に求めるものが異なるってだけですね。

基本的に主人公の一人称で語られる作品ですが、そのわりに読みにくくない。一人称視点の作品だと話の流れがよくわからなくなるパターンが私にはあるのですが、それが一切ないのは珍しい。それだけ著者の表現が私にカチッとハマるのか、もしくは共感できる部分が多いので脳内で補完できるのかのどちらかでしょう。

彼らのその後を知りたいとちょっぴり思うけど、これ以上は蛇足になるでしょう、多分。まだ進路がはっきり定まらないままに話を終えるのも絶妙だと言えます。

#小説

我が家のアルコール事情

※この投稿はBloggerで2020.12.16に投稿したものです。

#四男 を除いて息子達が成人した今、我が家のアルコール消費量はうなぎのぼり。 #三男 は未成年の頃「俺は大人になっても絶対酒を飲まない」と宣言してたのに、二十歳を迎えて3ヶ月後の現在、毎日手酌で梅酒をロックで飲んでます。どうやら誕生祝いに友達が飲みに誘ってくれたときにハマってしまったらしい。 #夫 は「あいつ飲まないって言ってたのに」とつぶやいてましたが、それ絶対本人の前で言っちゃダメだよ。三男は面倒くさい性格なので「だったら飲まなきゃええんやろ!」とキレるのが目に見えてるから。というわけで三男は梅酒が好きですが、家族それぞれ好みが違います。

夫はビールと焼酎。ビールはスーパードライ派ですが、たまの贅沢にプレミアムモルツを飲んでます。焼酎は麦焼酎派。芋焼酎は匂いが好きじゃないらしい。夏は水割り、冬はお湯割りで飲むのがデフォ。レモンかすだちを添えてます。後は時々ワインを飲んでるかな。たまに買ってくると家族にも飲ませようとするけど、私はあまりワイン好きじゃないんだよ。三男は渋めのワインを飲まされてしかめっ面してました。

#長男 はあまり飲まないですが、飲むとしたら缶チューハイか甘めのカクテル類と梅酒。辛口のお酒は苦手なんですよね。そんな彼は以前ルジェカシス というサントリーから販売されてるカシスオレンジを買ったのですが、甘すぎると半分ぐらい飲んで放置してます。私もちょっと飲ませてもらったけど、甘いなんてもんじゃない。香川のあんもち雑煮もびっくりの甘さだよ。もう捨ててもいいんじゃないかな…。
202105210909231-admin.jpg
#次男 は梅酒か日本酒を飲んでますが、飲めと言われたら何でも飲みます。多分家族で一番強い。日本酒はオーソドックスなものだけでなく、リキュール類に分類されるものも飲んでます。最近良く飲むのは月桂冠の温めてもおいしいシリーズ 。甘口レモンがお気に召したらしい。しかし焼きりんごはイマイチとのこと。ちなみに「温めるとおいしい」のにロックで飲んでます…。

ライムジンジャーも飲んでみたいけど近くのお店で見当たらないと残念がってたので、探してみたらAmazonで1本売りしてました。勿論送料無料。さすがAmazonである。というわけで速攻でポチってしまった。元々ジンジャーエールが好きでマクドナルドからジンジャーエールが消えたときはガッカリしてた次男なので、きっと気にいると思います。
20210521090923-admin.jpg
そして私ですが、最近はあんまり飲まないんですよね。若い頃は飲み会でまあまあ飲んでたけど、結婚して立て続けに出産した結果、禁酒期間が長すぎてお酒に弱くなったのです。ストロングゼロ350ml一缶でほろ酔いする程度には。だから飲むとしたら缶チューハイか梅酒ですね。缶チューハイは氷結の柑橘系がお気に入り。ストロングゼロは悪酔いするので自粛してます。

こんな我が家のアルコール事情ですが、亡き父も日本酒が大好きで、亡くなる前に成人した長男や次男と嬉しそうに飲んでました。もう少し長生きしてくれたら三男とも飲めただろうになあ。その代わり、息子達は仏壇に日本酒を供えてます。あの世で飲んでくれてるかな。夫の親族もお酒好きが多いので、盆正月は飲みまくりです。お正月に備えて体調を整えなければ(?)

利用してるサブスク

※この投稿はBloggerで2020.12.14に投稿したものです。

今年はコロナ禍のため家族ともども自宅で過ごす時間が多くなり、それに伴ってサブスク利用が増えてます。今回は我が家が利用してるサブスクを紹介したいと思います。

- Netflix -
我が家で一番利用している動画配信サービスです。ベーシック、スタンダード、プレミアムと3つのプランがあるのですが、我が家は一番お高いプレミアムプランを利用しています。その最大の理由は同時視聴可能な端末数です。ベーシックなら1、スタンダードなら2、プレミアムなら4。我が家には6台テレビがあり、それ以外にスマホやタブレットやパソコンが何台もあります。要するに視聴できる端末が多い。そして6人家族。同時視聴可能な端末数がここまで多いのはNetflixだけなので、高くても十分元は取れるのです。

視聴してる作品ですが、私はアニメや日本のドラマ・映画が多いのですが、 #三男 は洋画がほとんどだったりと家族によって傾向は違います。バラエティ系を見てる家族はいませんが…。洋画はかなり充実してるので、洋画好きな三男は喜んでます。

- Hulu -
Huluは日テレ傘下なので、日テレドラマのスピンオフがちょいちょい配信されてます。それとFOXチャンネルなど、スカパー!の一部チャンネルが同時配信されてるのが特徴。しかし私の目当ては特撮です。仮面ライダーやスーパー戦隊は一番充実してるのです。東映特撮ファンクラブに加入するほうがいいんだろうけど、テレビで視聴するとなると不便なんですよね。しかしそれだけのために契約を継続するのはちょっともったいない気もしていて、切るかどうか悩んでるところです。

- dアニメストア -
日本のアニメを見るなら断然dアニメストアです。しかも月額400円と安い。新作だけでなく昭和のアニメも充実していて、若者もお年寄りも楽しめます。でも本当にアニメだけなので(2.5次元も含まれてますが)そのあたりを割り切れるかどうかですね。

- Amazonプライムビデオ -
Amazonプライム会員なので、Amazonプライムビデオも必然的に視聴可能です。特撮だと仮面ライダーアマゾンズが配信されてましたね。そういう独占配信作品を除けば、可もなく不可もなくという感じ。無料で見られる作品はそこそこあるものの、検索して見たい作品があってもレンタル作品なことが結構あり、ガッカリ度が高かったりします。我が家はオプションでNHKオンデマンドチャンネルも登録していて、朝ドラや大河ドラマはテレビよりこちらで見るほうが多くなりました。録画の失敗を気にしなくて済むようになってありがたいです。

- Spotify -
音楽ストリーミングサービス、あれこれ試したんですが、結局Spotifyに落ち着きました。サービス開始当初は邦楽があまりなかったのですが、最近はそこそこ充実してきたので満足です。元々持ってるCDから何枚かをリッピングしてMicroSDカードに保存してるのですが、そちらもSpotifyを通して聴いてます。料金は今まで購入したCDを考えると高いというほどでもないかな。でも音楽にそこまで思い入れがないなら、YouTubeあたりを利用すれば十分だと思います。

- radiko -
前々から気になってたradikoプレミアムに登録しました。無料でも使えるのですが、プレミアムだと全国のラジオ局が聴けるのが大きいです。これでFM802も聴き放題♪ただ、コミュニティ放送には対応してないのが残念。インストールするアプリはできるだけ減らしたいので、プレミアムだけでもコミュニティ放送に対応してくれたらありがたいです。後はたまに受信が不安定になるので、それが解消されたらいいなあ。

- 使ってみての感想 -
サブスクはとても便利だし見たい作品をいつでも見たり聴いたりできるのはありがたいのですが、この「いつでも」が曲者で、作品への思い入れが以前よりなくなったような気がします。子供の頃はビデオさえなくて見逃したらそこで試合終了でしたが、いつでも見られるとなると作品への特別感がなくなるのでしょう。電子書籍もそういうところがあって、人間の心とは面倒くさいものだと思ってしまいます。でも若者達にとってはこの状態が物心ついてからデフォルトなわけで、私とはまた違った見解があるのでしょうね。

すのこマット購入

※この投稿はBloggerで2020.12.10に投稿したものです。

三男の部屋はフローリングなんですが、ベッドじゃなく布団を床に敷いて寝ています。ところが特に冬は布団と床の間に湿気が溜まって布団がカビてしまうように。昨年は除湿シートを挟んでいたのですが、今年は「すのこマットを買う!」と宣言。すのこマットの上に布団を敷くことで、湿気を逃がそうという作戦です。

で、自分で買いに行くのかと思ったら「お金出すから買ってよ」と言われてしまいました。まあいいけど…。調べてみると二つ折り、四つ折り、丸めるタイプがあったので三男と相談して丸めるタイプのすのこマットを買うことにしました。毎朝丸めるの、ちょっと面倒くさくないか?と思いましたが、本人の希望だからそこはツッコまない。

届いてみると意外と軽くて持ち運びはそう苦労しなさそう。これが折りたたみ式だともっと重くなるのでこれで良かったのかも。丸めて立て掛けておくとさほど邪魔にもならないし、その点はGoodです。ただ、折りたたみ式のすのこマットと違ってすのこマットを使って布団を干すことはできないので、その点は面倒かな。
20210520201854-admin.jpg
202105202018541-admin.jpg
三男はすのこマットを使うと寝心地が悪くなるかもと心配してたけど、全くそんなことはなかったそうで、良かった良かった。後は耐久性の問題ですが、こればかりは今シーズン通して使ってみないとわからないですね。三男から何かレスポンスがあれば書こうと思います。

#買い物

カードケース購入

※この投稿はBloggerで2020.11.24に投稿したものです。

以前からクレジットカード&プリペイドカード用にカードケースを利用してました。小銭とお札少々が入るので、現金が必要なときも安心。
202105201941231-admin.jpg
今回、キャッシュカードもカードケースにまとめたくて、カードだけが入るカードケースを購入しました。ロゴが入ってるので、カードの裏表がわかりやすいのがGood。
20210520194123-admin.jpg
これでキャッシュカードを取り出すのも楽になりました。まあクレジットカードはそのうちカードレスになる流れなんだろうけど、キャッシュカードはどうなるんだろう。今でもATMでの入出金がスマホアプリで可能な銀行もあるし、こちらもカードレスになるのかな。となると、カードケースもそのうち過去の遺物になるのかもしれません。

#買い物