自己紹介

自分の写真

田舎でまったり暮らす主婦「さっこ」です。6人家族の紅一点。更新はマイペースです。ちょっとしたつぶやきはSakko Memoで毎日更新してますのでそちらもご覧ください。

新着記事

カテゴリ

ハッシュタグ

複合検索

  • カテゴリ
  • #タグ
  • 投稿年月

Sakko Blog

まとまった文章を書きたくなったときに書いてます。感想はプロフィールページにある一言メッセージフォームからお願いします。

三男、キレる

※この投稿はBloggerで2020.12.6に投稿したものです。

先日、 #三男 が車のヘッドライトの角度調整ができてないみたいだと言い出し、車を購入した車屋さんに修理の依頼をしました。電話で現状を説明し、予約した日に車を持ち込んだのですが、ここからが問題。

予約したにも関わらず30分ほど待たされた挙げ句「検査する機械が現在使えないので後日また来てください」と言われたのです。突発的に検査できなくなることもあるだろうけど、それなら修理内容を伝えているんだから事前に修理できないと連絡できるんじゃないの?しかも30分も待たせるなんて。それだけで三男は相当頭に来てたんだけど、この話はまだ続きがあるのです。

それから3日ほど経った昼下がり。その日、 #長男 は仕事が夕方からなので自宅にいたんですが、お昼ご飯ができたので呼びに行こうとしたら長男が部屋から出てきて微妙な顔で話しかけてきたんです。なんと長男のスマホに「ライトの修理の件なんですが」と件の車屋さんから電話がかかってきたとのこと。「それは弟の車のことだと思いますと三男の電話番号教えておいたから、三男が帰ってきたら話しといて」と言われました。マジか…。顧客の電話番号を間違えるとかあり得ないんだけど。そりゃあ長男もその車屋さんで購入したんだけどさ。

三男が帰宅後、その話をしたら、大まかな事情がわかりました。長男の車は来年車検なんですが、その話をしたいからと三男に長男の電話番号を尋ねたので教えたらしい。その番号にうっかりかけたってことですねわかります。勿論三男は大激怒。「もう二度とあそこでは車買わんし修理にも出さん!」とキレてました。あ~あ、顧客ひとり失ったな車屋さん。というかそんな話聞いたら我が家は誰も寄り付かなくなると思う…。

それにしてもここまでいい加減でお店は大丈夫なのか。田舎だから近所のお年寄りならよってくるだろうけど、若い子は離れていくんじゃないんだろうか。昔は家族経営だったところだから、従業員教育も適当なんだろうなあ。自宅からまあまあ近くて車検も安いからと選んだ店だったけど、長い付き合いをするようなとこじゃないなと思ったのでした。