自己紹介

自分の写真

田舎でまったり暮らす主婦「さっこ」です。6人家族の紅一点。更新はマイペースです。ちょっとしたつぶやきはSakko Memoで毎日更新してますのでそちらもご覧ください。

新着記事

カテゴリ

ハッシュタグ

複合検索

  • カテゴリ
  • #タグ
  • 投稿年月

Sakko Blog

まとまった文章を書きたくなったときに書いてます。感想はプロフィールページにある一言メッセージフォームからお願いします。

タグ「冠婚葬祭[3件]

父の三回忌

※この投稿はBloggerで2021.2.6に投稿したものです。

20210521093721-admin.jpg
先日、父の三回忌と祖母の十三回忌法要を自宅で行いました。大体一ヶ月前にお寺へお願いの電話を入れるんですが、家族だけで行うのと勘違いされました。つまり家族だけでの法要がこの田舎でも定着しつつあるということでしょうか。コロナ禍なので仕方ない。法要はともかく、法要後の会食をどうするかを夫と話し合った結果、出席してくださる方達に会食をするかどうか尋ね、しない方達にはお膳を持ち帰ってもらうことにしました。法要だけならマスクをはずす必要はないですからね。

法要の準備でも今まで用意しなかったものを用意することになりました。消毒液とマスクです。消毒液は玄関先で手の消毒をしてもらうため、マスクは持ってくるのを忘れる方がいるかもしれないのでこれも玄関先に置いておくことに。マスクを忘れたりする?と都会の方は思うかもしれませんが、田舎は車でお越しいただくのでうっかりマスクを忘れることはよくある話なのです。

法要自体は恙無く終わりました。ただ、昔はにぎやかだった会食もすっかり静かになりました。コロナ禍というのもありますが、今まで浴びるほどお酒を飲んでいた方達も寄る年波には勝てず、あまりお酒を召し上がらなくなったんですよね。だから食べ終わったらさっさとお帰りになってしまいます。早く片付くのでありがたい反面、寂しいものがありますね。

ただ、ひとつだけ問題が発生しました。お供えに使う仏膳が経年劣化で割れてたんですよね。今年は母の七回忌もあるので、今のうちにと法要後に新しい仏膳を注文しました。
202105210937211-admin.jpg
母の七回忌が終わればしばらく法要はないのでほっと一息ってところですね。しかし法要っていつまでするのがいいんだろうか。故人を偲ぶという意味だと故人を知ってる人が存命かつお元気なうちまで。だとすると長くて二十七回忌が限度ってところかな。三十三回忌以降になると孫・ひ孫の世代が中心になっちゃいますもんね。

#冠婚葬祭

病魔とタバコ

※この投稿はBloggerで2020.12.9に投稿したものです。

先日、二番目の義姉のご主人が亡くなりました。今年70歳の誕生日を迎えるはずでした。かなり前から病気のためほとんど自宅で過ごしていたのですが、まさかこんなに早く亡くなるとは。

甥の話によるとタバコを医者に止められてたのに、「どうせ死ぬなら好きにしたい」とやめることはなかったそう。とは言え体に負担はかかっていたようで、タバコを吸いながら苦しそうにしてたそうです。そこまでしてやめようと思わなかったのか…。

実は私が20代の頃の上司がヘビースモーカーでした。当時は分煙などという言葉もなかったので、自分のデスクに灰皿を置いて仕事中もプカプカやってました。朝、出社したらその灰皿の吸い殻を捨てて洗うのが女子社員の仕事だったのを思い出します。

しかし健康診断で腸に小さなガンがあることがわかり、手術とリハビリで1ヶ月ほど仕事を休むことに。それ以降は好きだったタバコも全く吸わなくなりました。本人曰く「吸っても美味しいどころかしんどくなるだけなのですっぱりやめられた」とのこと。年を取ると脂っこいものが食べられなくなるといいますが、老いや病気は嗜好までも奪っていくものなのかもしれません。

そう考えると義姉のご主人もタバコを吸っても美味しくはなかったはずです。それでも吸い続けていたのは意地なのか病気を認めたくなかったのか。どちらにせよ、それでも病魔には勝てなかったのかと思うとなんとも言えない気持ちになります。あの世では好きなだけタバコを楽しめますように。

#冠婚葬祭 #病気

葬儀のお焼香

※この投稿はBloggerで2020.1.21に投稿したものです。

もうすぐ父が亡くなって1年が経とうとしてます。というわけで一周忌(こちらでは「むかわれ」とも言うのですが)の準備を進めてます。そんな中で見つけたのがこちらのまとめです。

焼香台がまわる地域 まわらない地域 - Togetter

私は自宅葬も葬儀会館での葬儀も経験してますが、どちらの場合も一般会葬者は自宅(会場)に着いたら受付でお香典をお渡しし、自宅前(会場の一番後ろ)に設置されているお焼香台で喪主に挨拶をしてからお焼香します。いわゆる立礼焼香ですね。

親族は葬儀が始まってから葬儀スタッフに名前を呼ばれたら祭壇の前まで行ってお焼香します。自宅なら座礼焼香、葬儀会館なら立礼焼香になります。名前を呼ばれる順番は事前に喪主とスタッフの間で話し合われますが、喪主→遺族→親族(故人と血縁が深い順)が一般的で、既婚者は夫婦揃ってお焼香します。全員がお焼香を済ませた後、まだお焼香をしてない方への呼びかけがありますが、ここでお焼香する方はほぼおられません。一般会葬者は葬儀が始まる前にお焼香を済ませる方がほとんどです。

回り焼香は法要で行われるもので、葬儀では見かけたことがないです。地域によるものなのか、それとも宗派の違いなのか(私が参列したのは真言宗と浄土真宗と禅宗です)。興味深いところですね。
#冠婚葬祭