自己紹介

自分の写真

田舎でまったり暮らす主婦「さっこ」です。6人家族の紅一点。このサイトではブログに書くほどでもないことをつぶやいていこうかなと思ってます。プロフィールページにはSNS等のアカウントを紹介していますので、そちらもご覧ください。

スキン切り替え

カテゴリ

ハッシュタグ

複合検索

  • カテゴリ
  • #タグ
  • 投稿年月

Sakko Memo

SNSは主にMastodonを利用してます。やり取りはそちらのほうで。ちょっとした感想はプロフィールページの一言メッセージフォームからどうぞ。

タグ「マンガ」を含む投稿[18件]

「ティアムーン帝国物語」3巻読了。内容的にはほとんど進展はなかったけど、ミーアの交友関係が広がる巻でした。そして唯一のツッコミ役のキースウッド可愛い。君には胃薬をプレゼントしてあげよう。
#マンガ
「悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします。」1〜2巻読了。転生悪役令嬢もの。でも多くのこの手の話が自分が死なないように立ち回るのとは違い、自分のために辛い目に合う人達を助けようとするところが大きな違い。だから攻略対象から逃げるのではなく、むしろ積極的に関わってる。
つまりかなりシリアス路線で、ギャグ要素なし。でもそこがいい。なろうで原作も読んでみようかなと思う程度には面白かったです。
#マンガ
「ヘテロゲニア リンギスティコ ~異種族言語学入門~」1巻読了。感覚的には畑正憲のムツゴロウシリーズを読んでるようだった。今までの異世界ものと言えば種族が違っても会話できるし意思疎通も大丈夫っぽかったので、ここまで隔たりのある作品は初めてかもしれない。
#マンガ
青薔薇姫のやりなおし革命記1〜2巻読了。やりなおしものと言えばティアムーン帝国物語があるけど、青薔薇姫はギャグ成分はほぼなしだし真面目に国民のことを考えてるので毛色が違う。
これからヒロインが様々な出会いによって己も周囲も変えていく話になると思うので、これからが楽しみな作品かな。
#マンガ
COMICOで「異世界女王と転生デザイナー」というマンガを読んでいるのだけど、これがなかなか良い。ややフェミニズム臭がするのと恋愛要素が強いのが鼻につくけど、転生者が真っ当に努力して認められていく話は少ないからな。
本好きの下剋上のように主人公が周囲を振り回しすぎることもないし、ちゃんと地に足がついてる転生ものは初めて見た気がする。
朝ドラに例えると「カーネーション」みたいな感じ。
#マンガ
今年のマンガ大賞に「葬送のフリーレン」が選ばれたそう。未読だったのでWebでちょっと読んでみた。淡々としてるのに何か惹きつけられるのは、なんとなく子育てと似てるからだと思う。知ろうとしなければ子供はいつまで経っても未知の生き物だけど、育てていると彼らの行動や気持ちに目を向けるようになる。そうしてもっと彼らのことを知りたいと思うようになる、そんなとこが。
フリーレンはまさに親=大人になろうとしているところなのかもしれない。過ごした歳月は人間とは比べようがないほど長くても、彼女はまだ子供なのだろう。
#マンガ
マンガ版「本好きの下剋上 第四部」1巻読了。勝木先生、やはりベテランだけあってこなれてますね。一番面倒くさい貴族院編を彼女に任せたのは正解だと思う。
#マンガ
重野なおきというマンガ家を初めて知ったけど、戦国四コマ漫画良いな。既刊を大人買いしてしまいそう…。
#マンガ
サンデーGX版「薬屋のひとりごと」1〜10巻読了。ガンガン版と比べたら、こっちのほうが好み。ガンガン版のほうが絵はきれいだし描き込みも丁寧なんだけど、雰囲気的にはサンデーGX版のほうが話に合ってる気がする。いくらきれいで構成が上手い作品でも、話の雰囲気に合わなければ残念な子になってしまう。あくまで私の好みだけど。
#マンガ
ガンガン版「薬屋のひとりごと」1〜7巻読了。もうひとつのコミカライズも読んでみたくなった。ヒロインもその相手も恋愛に疎いのは毛色は異なるけど「魔道具師ダリヤはうつむかない」と少々似てる。ヒロインの性格は全く違うけど。
それはそうとAmazonのレビュー読んでたら作画のねこクラゲ=猫井みっくと書いてるものがあったんだけど、どこ情報?絵柄は似てなくはないけどWikipedia見る限りではおふたりの誕生日は異なるし、検索してもそれらしい情報は引っかからない。謎すぎる。
#マンガ
戦国ブックガイド#動画 が面白くて全部見てしまった。更新が途切れてしまってるのが残念でならないが、紹介の仕方が上手くて積読になってしまいそうな予感。こういう動画は大歓迎だわ。
#小説 #マンガ
戦国小町苦労譚(コミック版)1〜8巻読了。こんなスーパー女子高生なんてレアすぎるやろと思いつつも、なかなか面白い。やはり歴史物は読んでいてワクワクするから好き。
#マンガ
「人間のいない国」1〜2巻読了。こういう謎を解き明かしていく系ファンタジーな話は好物。
#マンガ
無職転生のパウロ、クズのくせに時々正論吐くから困る。#マンガ
辻占売という #マンガ をYahoo!の読み放題プレミアムで読了。昔あったハロウィンという女性向けホラーマンガ雑誌を思い出すような内容。もっと言えば三原千恵利のアスト・ウィザに似てるかも。
辻占売の主人公が古本屋(と辻占い)の店主で男の子と女の子が居着いているのなら、アスト・ウィザのほうはアンティークショップの店主で(悪魔の)男の子が居着いてる。主人公が人ならざるもの(辻占売の主人公は人の血も交じってるけど)なのも共通してる。
アスト・ウィザ読み返したいな…。でも絶版っぽいしかなり古いマンガだから手に入るかどうか。
最近ピッコマで #マンガ を読んでいる。これが意外と面白い。残念な点はひとつの端末でしかログインできないこと。タブレットでも読もうと思ったらログインできなかった。そこさえ改善されたらいいんだけどなあ。
#マンガ 版の淡海乃海を読み始めた。歴史物が好きな私にはすらすら読める上に転生した主人公の動きにより歴史が徐々に変わっていくので、先がどうなるかわからない面白さがある。
しかしこの主人公、家庭運的にはどうなんだろうな。才能(というより予備知識だが)があっても心の機微がわからないのはいつか墓穴を掘りそうでもある。人は衝動的に思いもよらない行動をすることもあるのだが、そんな方向に刺激してしまう可能性がある。右衛門督もそのひとりかもしれない。小夜によってちょっとは変わってくれたら良いのだけど。
ブレイドコミックス版 魔導具師ダリヤはうつむかない3巻読了。原作はWeb版を途中まで読んでるので内容はおおよそ頭に入ってるけど、マンガになるとダリヤのうじうじした性格がやや鼻につく。でもチート能力で周囲をぶった切る展開に飽きてきたのでちょうど良い。仕事の規模が大きくなると悩みも増えそうだけど、相談相手が多いので読んでいてもハラハラがあまりなく、安心して読める。そこが物足りないという人もいるだろうけど、チートでも発揮しないと波乱万丈な人生なんてそうないからこんなもんでしょう。後、飯テロマンガだよなこれ。視覚に訴えるぶん、原作より食欲を刺激される…。
#マンガ